人気ブログランキング |

2013年 07月 19日 ( 1 )

ちびたん♪

みにゃしゃん こんにちは
ちびたん♪でしゅ。
b0271465_1618982.jpg
















迷い猫ロロくんが無事におうちにもどれて
ホッとしたのも束の間...
またまたはんなり幼稚園に入園っこさんが☆


本日洗濯ネットさんに入って病院に行き
無事にワクチンをすませた生後40日くらい(先生のお見立て)の
男の仔
エイズ・白血病ともに陰性


さてさて話は昨日にさかのぼります。

昨日は我がはんなりハウス卒業生
ひまわりのような男の仔
福ちゃん(旧名:ぽちゃ)のママさま
猫まねき♪さんとビュッフェランチにお出かけしました^^

そこは山の上の森の中に佇む
広大な人工のレクリエーション施設で
その中にビュッフェスタイルのランチが楽しめる建物があります。

美味しいお食事とガールズトークで
楽しい時間を過し
さてそろそろデザートでもと思いながら
何気なく窓の外に目をやると....
窓辺のテラス沿いを
ぴゅあぴゅあっと鳴きながらよちよちと歩く幼猫さんが....

えっ?こんなところに幼猫さんて??

だれかに置いていかれたのかな?

それとも野良ちゃん(こんな広大な人工施設内にいるの?)で
ママ猫さんや兄弟猫さんとはぐれてしまったのかしら?

様子を見ているも
ママ猫さんの姿も兄弟猫さんの姿もなく

もうその瞬間
その仔のことで頭がいっぱいになりました。

すぐに猫ま♪ちゃんが機転を利かせて
『ここにはときどき訪れているので顔見知りのスタッフさんが
いるのでこの窓を開けてもらいましょう』言い
ひとりの女性スタッフさんにそっと掛け合ってくれました。


すみやかに大きな窓を開けてお外のテラスに出していただき
仔猫を探すと
2メートル四方くらいの腰下くらいの高さの植え込みの中に隠れて
ぴゃ〜ぴゃ〜っと鳴いています。

近寄り手を伸ばすと
ちっこいのにシャーっと威嚇してきて
これは野良ちゃんだなと思い
あいにく捕獲器等もなく簡単には捕獲できないだろうなと感じました。

捕獲器を取りに帰るには
往復80キロ近い普通道にて2時間以上かかる状況でした。

それでもなんとかしたい!

ホール裏の出入り口から出てきたスタッフさん数名のお話では
少し先にある会社でごはんをもらっているらしいたぬきさんのような柄の
野良猫さんが大きなお腹でうろうろしていた
たまにこの施設のお客さんでごはんをあげる方がいる
この辺りはカラスが多く仔猫はすぐにとられてしまう
飲食にて猫さんの存在は困るのでできれば連れていってほしい
とのことでした。


やはり連れて帰るしかない!
猫ま♪ちゃんとふたり施設のスタッフさんのご好意でいただいた
ダンボール箱とお寿司のネタ用のマグロで
即席の捕獲箱を作り
ちび猫さんの捕獲作戦が始まりました。


まず
植え込みの端に合わせて
いただいたダンボール箱を添え置きます。
その際
フタ部分の四辺のうち
植え込み側ではない一辺と自分がいる側ではない一辺を
あらかじめたおして
ダンボール箱の口を小さくしておきます。
いただいたマグロは釣り餌用を残して
全部(けっこう多めでした^^)ダンボールの
植え込みと反対側の奥の端にかためて置きます。

仔猫が警戒するので
心配で出てきてくださるスタッスさんにはお下がりいただいて
猫ま♪ちゃんにも
少し離れて見守ってもらいながら
仔猫に声をかけながら
いただいたマグロの釣り餌用を小さくちぎって仔猫に見せながら
植え込みの端まで出て来るように誘導します。
その際自身もマグロを置いたら少し遠のいて
仔猫がマグロに近づきやすくします。

警戒しながらも少しづつマグロに近づいてくる仔猫
その間ちょっと近づいてはまたもどり
ちょっと近づいてはまたもどりをくりかえしながら
それでもマグロとの距離を詰めているのを
見守ります。

仔猫がマグロを食べて植え込み奥にもどったら
今度は更に小さくちぎったマグロをまた植え込みの端に置きます。

それを2〜3度繰り返し
仔猫がマグロの味を覚えたら今度は
植え込みの壁に斜めに立てかけたダンボール箱のフタの一辺(長い方)に
さっきより大きめの釣り餌用のマグロを置きます。

それを仔猫が食べ
さらにダンボールの中にいっぱいのごはんがあるのに気づき
ダンボールに入るのを待ち
マグロを食べるのに夢中になったら
近づいて上ブタを手でそっと閉める。

ただやはり野良ちゃんにて
かなり警戒心が強く
フタを閉めに近づくとサッと箱から飛び出して
植え込みに戻ってしまいます。

一度マグロの味を覚えた仔猫はそう簡単に
あきらめないので
あとは根気とタイミングですが
やはり残り2辺のフタの長い方をたおして塞いでも
飛び出す力でフタの端が折れ曲がって
そこから出てしまうので
猫ま♪ちゃんに
反対側に待機してもらって
同時に4辺目のフタを抑えてもらうことにしました。

ふたり体制になって一度目は小さくすばしっこい仔猫に
一瞬早く飛び出されました。

そして二回目。

仔猫がダンボールの中でマグロを食べている隙に
ふたりでそ〜っと近づいて...
えいっフタをしめた瞬間
また飛び出そうとした仔猫
そこに猫ま♪ちゃんの右手が伸びて仔猫をキャッチ
仔猫は渾身の力を込めて
その手を咬んで逃げようとするも
まったく躊躇せずさらに手を伸ばして仔猫をつかまえながら
体全体で抱かえこんで
ダンボール箱に入れてくれた猫ま♪ちゃん

すぐにフタを倒して仔猫は無事に保護するに至りました。

猫ま♪ちゃんを見ると右手の指から血が^^;

心配するはんなりに
何事にも大袈裟にしない猫ま♪ちゃんは
大丈夫ですといつものように微笑んでいたけど
野良猫さんの咬み傷は侮るなかれで
あとで腫れて高熱が出たりするので
一応施設のトイレでキレイに手を洗ってカットバンを
貼ってもらいました。

本日腫れたり熱等ない旨の連絡ありにてホッ^^


そんにゃこんにゃの大捕り物?(苦笑)のがあって
ちびたん♪は
今ここにいます^^

保護出来たときはそのことに頭がいっぱいでしたが
今ここにいるちびたん♪をあらためて見つめながら
あのときに咬まれてもまったく躊躇することなく
さらに手を伸ばした猫ま♪ちゃんの
小さな命への真っ直ぐな思いと強い勇気が
この仔の命をつないだのだと
心が震えました。

猫ま♪ちゃん
ありがとう^^/

猫ま♪ちゃんが炎天下の中で
咬まれて傷をおいながらも必死につなぎとめてくれた
ちっこいちっこいまだ生まれて40日の命が
輝いているよ☆


みなさま
こうしてちびたん♪は我が家にやってきました^^

またブログにもちょこちょこ登場すると思いますので
いごお見知りおきを♪

あっ
今回のことをね
猫ま♪ちゃんも一足早くブログに掲載してくださっています☆

猫ま♪ちゃんの目線を通して書かれておりますので
ぜひみなさま
見にいっていただけると幸わいですm(_ _)m

ちなみにまめな猫ま♪ちゃんはビュッフェランチや仔猫のいた植え込みなどの
お写真もいっぱい掲載してくださっていて
読み応えあり!ですよ〜っ^^/(爆)

こちらで〜っす♪
『はんなりさんとお食事デート・・・のハズが~まさかの捕獲劇!?』
by hannari-cat | 2013-07-19 22:31 | ブログ | Comments(12)