カテゴリ:ブログ( 1367 )

ぼく、ここにいるよ

まだまだ飼い猫修行中のマサムネくん
いつも洗濯機横スペースに隠れ込んでいます



















幼い頃から全く人馴れせず
それでも一時期は比較的穏やかになりつつあったのですが
その後の虐待等で再び心を閉ざしてしまいました

保護後に入院させた病院でも激しく威嚇し
先生方を困らせつづけ
やむなく二重ゲージに入れられていました

はんなりが引き取る際もキャリーに入れるのに
先生(若い男性)が溶接用の鉄心入り手袋をはめて
無理無理移した程でした

先生含めボラ仲間さんからも
マサムネくんは人間が好きではないようだし
室内飼いは難しいのではないかと心配されましたが
どうしてもそれまでいた場所に
残していく訳にはいかず
えーい なせばなるっと
連れてかえってきたのがふた月前....

はじめは威嚇ばかりで
何度も引っ掻かれていましたが
それでも少しづつ本当に少しづつ
変化が....

そんなマサムネくんが何と自分から
新しく置かれたベッドに
しかもみんなが集まるキッチンに置かれたベッドに
最初に入っていたのですっ!!



















実はこのベッド友人へのプレゼント用に
ねこ館さんのシークレットセールでゲットしたのですが
主人が冷蔵庫上にぴったりじゃないかっと
勝手に置いてしまいました(^^);

いつもは段ボールにブランケットを掛けただけのベッドが
置いてあってのつかが入っているコトが多いのですが
置いてしばらくして何気に見たら
なんとちょこっとマサムネくんがっ!!

ぼく、ここにいるよ

はんなり一家 うれしい一枚です




ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-21 12:01 | ブログ | Comments(0)

頼れるお兄ちゃん

今日も仲良し
ぶっころとちびたま



















はんなりストーカーの異名をもつ
ぶっころさん
お外にいたときからあまり猫さんを
好きではない感じでした
生後10ヶ月ではんなりにゃん'zになってからも
一緒に育ったのつかとうずらの間に
入りづらかったからか
いつもはんなりにべったり
ぶっころが来てから半年後にちびたまを
預かったのですがはじめは全くちびたまにも
興味を示しませんでした
のつかとうずらは
すっごいおやんちゃで野良気質の強い
ちびたまに対して静観モード
はんなりも正直ほとほと手を焼いていました
側で甘えてくれるぶっころに
‘’ぶっころ ママ もうちーちゃんの面倒見る自信ない...
ちーのコトどうしたらいいんだろう...
と弱音を吐いていました
相変わらずまったく警戒心を緩めるコトなく
暴れ回りすっかり孤立しているちびたま
事態はいっこうに良くなる気配なし.....
一日中鳴き叫び続けるちびたまに
はんなり夫も
‘’さすがにきついな...‘’と...
そんなある日
突然 本当に突然
ぶっころがちびたまをかまい始めたのです
暴れ回るちびたまに一生懸命ついて回り
ごはんもちーが食べる間
側で見守ってやり
おトイレも同じく見守ります
とにかくちーの癇癪が落ち着くまで
ずっとそうやって付き合いつづけるのです
やっとちーが寝静まったころ
ぶっころを見てみるとすっかりお疲れで
なんと仰向けでグーグーいびきをかいて寝ています
その様子まるで日曜日のお父さんのようでした

いつしか必死にちびたまに接しているぶっころを
はんなり夫婦はお兄ちゃんと呼ぶようになっていました

その後ちびたまも
いつも一緒にいて自分を大切にしてくれる
ぶっころお兄ちゃんが大好きになりました
そして少しづつ家族とうちとけていくように....

そんなコトがあってからか
すっかり頼れるお兄ちゃんに成長したぶっころ


















お兄ちゃん ありがとう
いつも頼りにしてるよ





今日はしっぽからパクっ



















ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-20 17:01 | ブログ | Comments(0)

はっぴーにゃんこ

ではありませんが
のつかの背中には
四葉のクローバー


















おかげさまで 
はんなり一家 いつもはっぴーです


でも あざとい夫は
にゃん'zの背中に小判をさがすのです


そういえば
保護猫マサムネくん
お外にいた時 お散歩おばさんに
小判ちゃんと呼ばれておりました
おばさま曰く
背中に小判の模様があるからって...


マサムネくん 
ぜひっ君の背中を
じっくり見せてください




















ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-19 14:01 | ブログ | Comments(0)

外犬

はんなりはにゃんこはもちろん
わんこも大好き
本当は引っ越ししたら
わんこ保護も考えていましたが
重度の光線症にて
お散歩時間がどうしても制限されてしまいます

以前住んでいたところは商店街でもあったため
ほぼ24時間明るく人通りもありました
はんなりは毎朝4時半(冬は6時)と夜は8時半頃
アトリエにごはんをあげにいき
夜中1〜2時頃に避妊・去勢のための捕獲に
出るコトもしばしばでした
だからわんこを保護したら
日差しのないうちにお散歩をと考えていたのですが
残念ながらはんなりはうすご近所は空き家も多く
暗くなるとほとんど人通りがありません
さらにはうす前道路はかなりの交通量で
すごく危ないのです
夫と相談しましたが
とりあえずやむ得ない場合以外
わんこを飼うコトは今のところ断念しました

ところでこちらに越してきてから
日々気になるのは
飼い犬?の放し飼い
先程もコンビニに寄ったら
一匹の首輪のついたわんこがふらふらと
道路(交通量多)を渡ってきました

引っ越し翌日町役場にいった際も
首輪と迷子札のついたわんこが
ひとりでうろうろしていて
もしかして役場においていかれたのっ??
と思い 
君どうしたの?
と声を掛けていたら
役場前に設置されたATMに並んでいたおばさんが
訝しそうに
まりお こっちおいでっ て...

その後まりおが役場前(交通量多)の道路沿いを
ふらふら歩いているのを何度も目撃しました...

こちらに来てからまだ2ヶ月半ですが
今のところ表立った外猫トラブルを
目にするコトはありません
虐待等を見聞きするコトもありません
外猫の数自体が以前住んだいた場所に比べ
とても少ない様ですし
飼い猫も室内飼いのお家はほとんど無いようですが
それが普通なのか?あまりご近所トラブルには
発展しないようです
きっと田舎のおおらかさなのでしょう
にゃんこもわんこも自由??なのです....

でもはんなりは何度見ても
首輪のついたわんこがふらふら
道路を横切り歩いていく姿に
慣れるコトが出来ません...
心穏やかではいられないのです....

実際迷子犬も多いようで
役場や郵便局、スーパー等至る所で
ポスターを見掛けます

‘’愛犬がいなくなりました"
"赤い首輪をしています"
"大切な我が家の家族(もちろん犬です)が帰ってきません"
って....

失う前に気づいて下さい......






けっしてマー坊が小顔というわけでは....



















ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-18 14:01 | ブログ | Comments(0)

なぜ??

はんなりにゃん'zぶっころさんは
生まれつき腎臓が弱いので
ときどきおねしょをしちゃいます
でもぶっころの場合
膀胱炎によるものなので
おしっこの量もちょぴっとで
においもほとんどありません

しか〜し 本当のテロリストは
他にいたのです...
屋根猫キキ...
お布団やソファー、クッション、毛布
果てはキッチンマットまで
とにかく布製品がお好きなようで(^^);
実に気持ち良さそうにじゃーっとなさっておりました
いつもはんなり夫婦が見ていない隙を見て
大量のくっさいオシッコを....

キキは引っ越時に保護するまでの
一年と七ヶ月をお外で過ごしていたため
トイレの習慣はありませんでした
よくご近所の玄関マットにオシッコをして
猫嫌いのその方を激怒させていました...

まだキキたちが子猫だった頃より何度も
一応キキたちの飼い主?
(玄関先でごはんをあげていたおばあさんで
キキたちはそのお庭に暮らしていました)に
ごはんをあげる玄関先かどこか広いお庭の都合の
よいところに猫用トイレを置かせてもらえないか
交渉してきましたがいつも断られていました

ところで
先日より保護部屋にて再びトイレトレーニングを開始した
オシッコテロリスト キキ
保護部屋には毛布やソファー等は当然ないのですが
唯一の布製品である猫用ベッドにじゃーっです....


でもなぜかお気に入りの自分専用ベッド










にだけは絶対しませんっ!!
ぜっ〜たい しないのですっ!!


なぜっ?





















本当になぜっ??



















やっぱりつくづくにゃうりんがるがほしいと思う
はんなりなのです




ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-17 13:01 | ブログ | Comments(0)

映画鑑賞

昨日 夫の免許更新について幕張の免許センターへ
夫は違反有りにて2時間講習を受けなければならず
待ち時間は約3時間 その間はんなりは
近くにあるシネプレックス幕張で映画をみるコトに
いってみるとちょうどよい時間帯のものが
一本だけ
ミーアキャットでした....


















正直 期待してませんでしたが
よかったです
映像がとてもキレイで
ナレーションも最小限
なによりミーアキャットたちの表情がとても豊かなコトに
驚き感動しました

しかもなんと鑑賞者は私ひとり
広い館内が貸し切り状態で
一番鑑賞しやすい席に座ってゆったりVIP気分
ちょっと得した気分の一日でした


ところではんなりにゃん'zの裏ボスのつか姫
毛布を ふみふみ ちゅぱちゅぱ


















いつもクールで気高い雰囲気の漂うのつか...
ときどき見せるこういう仕草に
はんなり夫はすっかりノックダウンなのです



ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-16 13:01 | ブログ | Comments(0)

優しいまなざし...

はんなりにゃん'zに大人気
そらまめ屋さんのベッド&またたびおととの
作り手でありオーナーさんでもあるnicoさま
(ご自身も3にゃんのおかーしゃん)が
店長日記に我が家のにゃん'zを紹介してくださいました

いただいたメール等
nicoさんの文章はその作品と同様
いつも温かいぬくもりに包まれています
ねこたちにそそがれる優しいまなざしを感じます

そんなnicoさんに目をかけていただいている
我が家の幸せにゃんこボスくん
店長日記に記載のだんなさまの涙をさそったエピーソード
気になった方のためにここで少しふれさせていただきます

ボスはまだ5歳くらいなのに歯がほとんどありません
保護時はすでにその状態でお世話をされていた方に尋ねても
理由は分かりませんでした
エイズもキャリア(マユゲ・マサムネ同)なコトを考えても
きっとそれまでの過酷な環境のためでしょうか...
もともと2年間程は飼い猫さんだったのですが
飼い主家族の引っ越しの際
飼い猫がよく捨てられる餌場に置いていかれたそうです
それから約2年半そこでがんばっていたのですが
去勢されないままだったらしく
よくケンカをふっかけられていたのか
お顔はキズだらけです
さらに心ない人間に
針金で繋がれ飼われて?いたコトもあったそうです
私がボスの存在を知った時もまだお外にいて
里親さんが見つかったら保護して去勢する予定
というお話でしたが
当時は子猫のシーズン真っ盛り
なかなか名乗り手が現れなかったそうです

そんな苦労が多かったボスくんですが
今日も大好物のまたたびおととを歯の無いお口でハグハグ
相変わらずまどろんでおります



















ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-15 01:01 | ブログ | Comments(0)

我が家のマスコット

またたびおととに夢中の
ちーちゃんコトちびたま


















現在一歳半のちーですが
とっても小柄で3キロくらい
いつも元気いっぱいのちー
ちーのママ猫さんも小柄なので
小さいのは多分遺伝だと思います

お姉ちゃん(のつか)やお兄ちゃんたち(ぶっころ・うずら)が
大好きなちーですが あとからきたジジやキキにはいっちょまえに
先輩風を吹かせちゃうんです

だって あたちのほうがおねーちゃんだもんっ ねっかあさん



ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-14 13:01 | ブログ | Comments(0)

今日もつれづれ....

ぶっころ
気がつけばいつもそばにいてくれます


















ママはぼくが守るんだっ
そんなこころの声が聞こえそうです




ずーくん ぬいぐるみのわんこにご挨拶



















はんなり一家 今日も平和です



ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-13 15:01 | ブログ | Comments(0)

食欲の冬??

はんなりにゃん'z
食欲旺盛です

とくに この方たち
ごはん待ちするボス&マユゲ


















かあさん 早くごはんくれ



そんな2匹に刺激されたのが
我が家の最先住猫
のつか姫


















もともと食にあまり関心がなく??
以前はドライフードのみしか食べず
それも気が向いた時にちょこっとづつで
はんなり夫婦を悩ませていたのつか...

でも最近はみなに負けまいと
必ず一番前に取りにきます
最先住猫の意地??


にゃんこたちがもくもくと食べている姿をみているだけで
満足のはんなり

夫婦の食事は必ず後回しのはんなり家なのです




ぽちっとお願いします

by hannari-cat | 2009-01-12 15:01 | ブログ | Comments(0)