未来、おうちへ帰る☆

みなさまにいっぱいの応援をいただいていた我が家の保護猫未来くん
なんと迷い猫さんでした!

昨日連休明け火曜日の夕方
ときどき行くはんなりハウスから4〜5キロ程のスーパー
(現マサオくんことジョニたんを保護したところです。)
に足をのばし買い物を済ませ商品を袋につめながら
いつもそうするようにインフォーメーションボードに目を通しておりました。
そこには里親さま募集中のにゃんこさんやわんこさん
そして迷子猫さんや迷子犬さんのポスターが貼られていて
はんなりはとくに迷子犬猫さんをチェックするようにしています。
その日もボード前のコーナーを陣取り貼られたポスターに目をやると
そこに未来にそっくりな黒猫さんのお写真が!
黒猫さんは一見おんなじように見えるかもしれませんが
みんにゃそれぞれ個性があって
そのポスターの仔は未来のように毛が赤茶けておらず
黒々としていて毛艶も良く
未来より少しふっくらしていて
お耳も咬み破られていないしお顔にも傷はなくてきれいなのだけど
それでもやっぱりお顔の感じやとくに瞳
そして全体の体型のバランスやおしっぽの感じなどが
未来にとても良く似ておりました。
情報のところを読むと
生後2ヶ月弱でもらわれ完全室内飼いで
嫌がるので首輪はしていなかったとのこと。
生後半年の頃
網戸にしていたところ強風でストッパーが外れて
去勢前に脱走したのが約一月半前とのことでした。
月齢等は未来と符合しておりましたが
脱走場所(自宅)がスーパーを挟んではんなりハウスとは反対方向の隣町でした。
スーパーからその場所までおそらくは2〜3キロあり
我が家までだと直線距離にしても5キロは越えていますので
生後半年の仔がはたしてその距離を移動するのかな?との疑問があり
もしもちがっていたら相手さまのお気持ちをかき乱してしまうかもと
考えましたがとりあえず冷静な気持ちで自宅に戻ってから
連絡をさせていただこうと記載されていた連絡先をひかえて
それでもはやる気持ちを必死に抑えながらうちに戻りました。
それから未来の写メを用意して連絡先の携帯番号にかけました。
すぐに女性の方が出られたのでポスターを拝見した旨
今手元に似た黒猫さんを保護していること
個人でボラをしていること等をお伝えして差し支えなければ
写メを送らせていただきたいとお伝えしたところ
アドレスを教えていただけましたので
すぐにお写真を数枚添付して送りました。
先方さまから折り返しTELがあり間違いなくうちのロロくんだと思います
これから迎えにいってもいいですか?とのことでしたので
住所をお教えして先方さまの到着を待ちました。
その間未来にキミはロロくんなの?
本当にママさまだったらいいねと話かけていました。
30分程で車が到着して
お仕事から帰ったばかりのパパさまとひとり娘さんの小学生のお姉ちゃんも
いっしょにご家族3人でかけつけてこられました。
保護部屋に入り窓際のベッドで寛いでいた未来に
お姉ちゃんがロロって呼びかけると未来がにゃ〜ってお返事しました。
未来と呼んでも反応イマイチだったのに^^;

パパさまからね
脱走後一ヶ月が過ぎてもうロロは生きていないのかもしれないねって
ご夫妻が話始めたとき
小学生のお姉ちゃんがロロはぜったいに生きている
大きな声で自分を呼んでいる夢を見たと泣きながらうったえたそうで
それを聞いて
あきらめずに捜索範囲を広げてみようとそれまでご近所が中心だった
ポスターやチラシを我が家のある隣町のスーパーに貼りにきたのが
3連休初日の土曜日だったとのことでした。

そういえば未来
お外には出たがらないのに
よく保護部屋の窓のところでお外に向かって鳴いてたな....
お姉ちゃんを呼んでいたのかな?

その後ね
去勢とワクチンをさせていただいたこと
血液検査で白血病が陽性だったことをお伝えさせていただきましたが
元々未来ことロロくんは
お迎え時はエイズ・白血病は陰性と保護主さんからお聞きしていたそうで
完全室内飼いのひとりっこさんだったらしく
それをふまえるとおそらくは母子感染ではなくて
お外をさまよっている際にケンカなどで接触感染したものと思われ
今後陰転の可能性が高まりました。
もしも4ヶ月後に継続感染となったとしても
もともと今後も一頭で飼っていくご予定だったそうですので
他猫さんへの感染等の心配もなく我が家のように保護部屋生活を
送ることもありませんのでストレスフリーの生活の中
未発症のままという希望も十分に考えられます。

何度も白血病のことについてお伝えするはんなりに
パパさまがおっしゃいました。

ただ手元に戻ってくれただけで十分ですと。


未来、キミの未来はおうちにつながっていたんだね。

よかった、本当によかった^^

みなさま
みなさまに応援をいただいていた保護猫未来は
ロロくんというかわいいお名前の迷い猫さんでした。

おかげさまで
ご家族全員でお迎えに来られて
昨日の夜おうちに帰っていきました。

これからまだまだ網戸や窓を開けることが多い季節が
続くと思われますので
みなさま今一度ストッパー等のご確認をお願いいたします。

また
もしも万が一猫さんが脱走してしまった場合
月齢の関係で未避妊・未去勢の仔の場合
本にゃんの意図にかかわらず
お外の未去勢の男の仔に追われたり
未避妊のおんにゃの仔を追いかけたりして
どんどんおうちから遠ざかってしまうことも考えられますこと
何卒頭のすみにおいておいていただければ幸わいですm(_ _)m



みなさまのあたたかい思いが運んでくださった未来の奇跡^^


今日も願います...

みんにゃみんな
幸せになれますように☆
by hannari-cat | 2013-07-17 18:45 | ブログ | Comments(10)
Commented by 3にゃんママ at 2013-07-18 11:06 x
未来くんことロロくん、良かったですね^^
読んでて涙が出てきましたよ(涙)

お外に向かった鳴いてたのは、お姉ちゃんを読んでたんですね~って。
思いは通じるんだな~ってつくづく思いました。
はんなりさんが張り紙があったスーパーにその日言ったのも、ロロくんとお姉ちゃんの思いがそうさせたんだと思います。

白血病陽性も、今後消える可能性もありそうですね。
発症しないで穏やかに一生を送ってほしいと願います。

ロロくん、はんなりハンナリハウスも居心地良かったでしょうが、本当のお家はもっといいよね?
もう脱走しないでね!
でも、はんなりさんと出会えた奇跡。。。っていうか強運の猫さん。
はんなりママのことも忘れちゃだめだよ!!
Commented by 3にゃんママ at 2013-07-18 11:08 x
↑嬉しさのあまりテンパって書いたので誤字が多くて恥ずかしいです。すみません^^;
Commented at 2013-07-18 12:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 猫まねき♪ at 2013-07-18 22:04 x
無事に帰れて良かったねぇ(;▽;)
待っていた家族にも心より迎えられていいニャン生を送って欲しいですね(^^)すべて奇跡の運命のお導き…出会いって不思議ですね(^^*)
Commented by くまおの妻 at 2013-07-18 23:47 x
ロロ君のお話は本当に感慨深く不思議なお話で、
お嬢さんとロロ君の強い絆を感じました。
お嬢さんがきっと七夕様にお願いしたのでしょうね。
他ならぬはんなりママさんに保護されたからこそ、なしえた奇跡ですね。
諦めなければ絶対に元に戻れるのだなぁとしみじみです。
Commented by hannari-cat at 2013-07-20 16:45
>3にゃんママさま
ありがとうございます^^
はい、今にして思えばね
保護してからずっと窓辺に佇んで
お外に向かって鳴いていたのは
お姉ちゃんを呼んでいたのかなと思います☆
小学4年生のお姉ちゃんはひとりっこさんなので
ずっと弟さんが欲しくて
ママさんのお手伝いをしたりお勉強をがんばったりして
それでお迎えしたのがロロくんだったそうです^^
ロロというお名前もお姉ちゃんが
考えたそうでロロくんがおうちにきてからはずっと
お姉ちゃんといっしょだったそうで
ふたりは本当の姉弟みたいってママさまが
おっしゃっていました。
未来って呼んでもいつもなんだかいぶかしそうな表情で^^;
けしてお返事をしてくれなかったのはきっと
ボクはロロだよ!って伝えていたのでしょうかね(苦笑)
※文字数が多すぎましたので(爆)
下に続きます↓
Commented by hannari-cat at 2013-07-20 16:46
>3にゃんママさま
はい、本当にそう思います^^
けして毎日いくスーパーではないし
そのときもいつもの調子でもしも迷子さんを見つけたら
保護したり連絡できればよいなという気持ちで
ポスターに目をやりました。
人なつっこいロロくんでしたので
捨て猫さんだろうとは思っていましたが
まさか迷い猫さんとは思ってもいませんでした。
首輪もなかったし去勢もされておらず
傷だらけでボロボロでしたので^^;
こちらに越してきてから5年間
スーパーにいくとかならずポスターはチェックしていましたが
迷子さんに遭遇したことはいちどもなくて
本当にこれは奇跡というか
ロロくんとお姉ちゃんの絆の強さだったのかなと心がいっぱいに
なりました☆
白血病もね、陰転するといいな^^
Commented by hannari-cat at 2013-07-20 16:55
>鍵コメさま
はい、本当に^^
鍵コメさまがおっしゃってくださったように
小学4年生のお姉ちゃんの純粋で強いロロくんへの
思いがこの奇跡を呼び起こしたのだと思います☆
完全室内飼いだとついつい首輪が苦手な仔にはね^^;
マイクロチップもカバーされている範囲が
限られているのが現実みたいです。
p.s.おおっそうなんですね!
It's small world !! ですね♪(笑)
Commented by hannari-cat at 2013-07-20 16:58
>猫まねき♪さま
はい、ありがとうございます^^
ロロくんがおうちに帰れて本当によかったです♪
絆という名の運命の奇跡☆
とっても不思議で
とってもあったかいですね^^

Commented by hannari-cat at 2013-07-20 17:05
>クマ妻さま
はい、本当に不思議であったかい奇跡の出来事でした^^
小学4年生の小さなお姉ちゃんのロロくんへの大きな大きな
そして強くて深い思いがロロくんへとつながったのだと思いました☆
ご家族が全員でお迎えにこられたときにね
ロロくんがとっても誇らしそうだったのが印象的でした^^
やっぱpower of love!だなってあらためて実感した
一日でした(笑)
<< ちびたん♪ ありがとう☆ >>