諦めない☆

先日4/14の記事でリンク紹介させていただいた
もうーすさまのブログ(うちのとらまる)
昨日4/21付の記事内容に見つけた
‘’諦めない‘’の文字

側溝に落ちた牛たちを 
重機を使い引き上げていた神奈川からきた青年の話

ぜひご一読いただければ幸わいです
b0271465_2213196.gif

うちのとらまる

こうしてまだまだ
もくもくと動いている方たちがいます

今日あらためて
犬猫救済の輪(4/16付記事記載)さまより
みなさまへのご協力のお願いが出されました


現在も決して諦めることなく
福島原発20キロ圏内での
保護活動を続けようとされていらっしゃる方たちのために
なにとぞみなさまのお力をお貸し下さい
b0271465_2213196.gif


以下、転載させていただきます。


******************************************************************************************************

全国海外力の結集を!決定は、原子力保安院です!!


20日、16時、福島に向けて出発します。
今日のうちに圏内に入る予定です。
皆様、絶対に諦めないでください!     結 昭子


力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!

大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。



ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html



(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。

2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。

*******************************************************************************************************



‘’ひとり〜の小さな手〜
なにもできないけど〜
それでもみんなでみんなで合わせれば〜
なにかできる〜
なにかで〜き〜る〜っ♪‘’

b0271465_22135092.jpg

by hannari-cat | 2011-04-22 13:04 | ブログ | Comments(0)
<< きらっと☆ 負けない☆ >>