さぶちゃんのこと。

昨日我が家にきたさぶちゃんですが
昨夜は全く夜鳴きもなく
ゲージ内で暴れるでもなく
本当にゆっくりと静かにおねんねしていました。

馴れない場所で落ちつかないのではという
はんなりの心配をよそに
むしろ室内という安全な環境に入れたことで
ほっとしているように見えました。

今朝はしっかりトイレでうんちもしていました。


実は昨日ぷくぷくさんにお会いした際に
さぶちゃんのお外での募集が始まった時から疑問だったことを
お尋ねしました。

なぜ仔猫ちゃんたちから先ではなくて
さぶちゃんから先に里親さまを募集されるのですか?と。

ぶくさんはとても真摯に応えてくださいました。

‘’うまく伝えられないかもしれないけど
どうしても気になるのです。‘’と。

その言葉の意味がすぐに分かりました。

さぶちゃんは完全な家猫さんです。

もともと間違いなく飼い猫さんだったと思います。

正直今は
よくお外で生き延びられたなと
さぶちゃんを目の前にして
実感しています。

それほどさぶちゃんは
お外で生きるには難しい猫さんです。

言い換えれば
お家の中が大好きな
人間も大好きな家猫さんです。

さぶちゃんが
一昨日までお世話になっていた
お宅の餌場に現れたのは数ヶ月前のことです。
現れた当初は本当にボロボロのガリガリでお風邪もひどく
危険な状態だったと昨日お会いした餌やりさんが
教えてくださいました。
白い毛も薄汚れあちこちからまっていたそうです。

多分限界に近い状態だったのではないでしょうか?
捨てられ
お外でごはんを食べたり
夜露や暑さ寒さを凌ぐ術もなく
ただ彷徨い
それでも
優しく接してくれる人間を求めていたのだと思います。

運良く辿り着いたのが
優しい餌やりさんのところでしたので
ごはんをもらうことが出来、
病院へも連れて行ってもらうこともできました。

でも
その餌やりさんのお宅では飼えないので、
お外で暮らすことには変わりありませんでした。


たしかに差し迫った環境ではなかったかもしれませんが
餌場の前は車道です。
実際にバイクに跳ねられた仔もいるそうです。
※命は取り留めましたが。

それに
優しい方ばかりではないのが現実です。

全く警戒心のないさぶちゃんには
お外は危険でいっぱいです。

幸わい仔猫たちは
まだママ猫さんともうひとりのパパ猫さんが
護ってくれていますが、
さぶちゃんはだれも護ってはくれません。

ですからぷくさんが
お家猫のメイちゃんのごはんを買い忘れそうになるくらい
気になって心配で見に行かずにはいられなかったのだなと
思いました。


そんな
お家の中が大大大好きなさぶちゃん
人に甘えるのも大大大好きなさぶちゃんが
二度と怖いお外に出ることなく
温かいお家の中で
ずっとの
パパさんやママさんに
いっぱいいっぱい甘えさせていただきながら
暮らせるようになるよう
どうぞみなさま応援よろしくお願いいたします。



今日のさぶちゃん
b0271465_18125072.jpg


















とにかくだっこが大好きで
お首のうしろを揉むと
ゴロゴロいって気持ち良さそうにしてくれますっ
b0271465_1811445.gif






b0271465_18114385.gif
本日もまりおは良好です。



ぽちっとお願いします
b0271465_18125036.gif

by hannari-cat | 2009-09-17 14:09 | ブログ | Comments(0)
<< さぶちゃんとまりお その正体は? >>