茶シロくんの素性

みなさまにご心配いただいている茶シロくん
まだまだボロボロではありますが
それでも少しづつ快方に向かっています。



ところでこの茶シロくんの素性。。。

実はこの茶シロくんを
アトリエ内ケージに保護して以来、
はうすから少し離れたお宅の庭猫さん二頭が
はうすの中をのぞきにくるようになっていました。
すると茶シロくんがうにゃうにゃと鳴き
それにこたえるようにこの二頭キジ、茶トラも
鳴くのです。。。

不思議に思っていましたが、
そういえば
昨年10月末にこちらに越してきた時ご挨拶にいった際、
このお宅の庭に三頭の庭猫がいて
(※はんなりはうすが建つこのあたりでは
まだまだ完全室内飼いのお家はほとんどなく
ねこさんは出入り自由で首輪もしていない仔がほとんどです)
一頭は茶トラ、一頭はキジ、そしてあと一頭が
とっても人懐っこい茶シロでした。

三頭の中のキジっこはそのお宅の飼い猫さんで
あとの二頭はそれぞれ元捨て猫で
かわいそうだからとそのおうちの小学生の男の子が
ごはんをあげているとのことでした。

この茶シロが三頭の中の兄的存在らしく
他の二頭がすりすりして甘えていました。


それからしばらくして我が家でも
TNRのためにお庭でごはんを出すようになったのですが
(※このことはご近所の方と話し合い了承済みです)
キジっこと茶トラはときどき遊びにくるように
なったのですが、
縄張り意識の強い茶シロくんは
そのお宅庭から出てくることはありませんでした。

もしかしてこの茶シロくんはあの茶シロくんではないかと思い
ご夫婦が在宅中の昨日日曜日にお宅を訪ねたところ
やはり茶シロが突然いなくなったとのこと。



ただこのあたりでは不妊を含め、ねこを病院へ連れて行く
習慣はあまりないようで、お返ししようとお話しましたが
手がかかるので連れてこないでといわれました。


茶シロくん
とても人馴れしています。
そしておっとりしておとなしい仔です。
掃除のためにケージから出しても逃げるでもなく
アトリエドア前フロアでお話しながら
待ってくれています。
b0271465_1742451.jpg





















茶シロくん
まだ若い男の子です
(※2年前捨てられていたときは仔猫だったそうです)



この茶シロくん、
今後どうするか考えなければいけません。。。





ぽちっとお願いします
b0271465_17424518.gif

by hannari-cat | 2009-08-03 06:08 | ブログ | Comments(0)
<< 梅雨は明けたのに。。。 夏まつり >>